人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/11/13

年次有給休暇の平均取得日数は9.3日

 来年4月より、年10日以上の年次有給休暇(以下、「年休」という)が付与される労働者に対して、年5日の取得義務がスタートします。これに関連して、先日、厚生労働省から平成30年「就労条件総合調査」の結果が公表されました。この中から年休の取得状況と特別休暇制度の導入状況についてみていきましょう。

1.年休の取得状況
 年休の取得状況については、平成29年(または平成28会計年度)の1年間に企業が付与した年休の日数(繰越日数は除く)は、労働者1人平均18.2日となっており、そのうち労働者が取得した日数は9.3日となりました。取得率をみてみると、わずかですが前年の49.4%から51.1%に上昇しました。また、企業規模別の取得率は、30人から99人が44.3%(前年43.8%)、100人から299人が47.6%(前年46.5%)、300人から999人が47.6%(前年48.0%)、1,000人以上が58.4%(前年55.3%)となっており、300人から999人の規模を除いて前年に比べ取得率が高まっています。
 これを主な産業別にみてみると、図1のようになっています。「製造業」や「医療、福祉」では取得率が50%を超えていますが、産業によって取得状況にばらつきがある点を考えると、産業ごとに取得のしやすさに違いがあることが想像できます。

2.特別休暇制度
 企業では、夏季休暇やリフレッシュ休暇などの特別休暇制度を設けているところがありますが、そもそもこの特別休暇制度は、法令で設ける義務はないため、設けるか否かは企業の考えに基づくものになります。
 実際の企業の導入状況をみてみると、特別休暇制度がある企業の割合は60.3%で、30人から99人が57.1%、100人から299人が65.6%、300人から999人が69.5%、1,000人以上が77.4%となっています。そして、特別休暇制度の種類をみていくと図2のようになっています(図2はクリックすると拡大されます)。

 この特別休暇については、賃金の支給があるのか否か、また取得の要件として、例えば入社1年以上であることなどの要件を設けるか否かを検討することも必要です。そして、設ける場合はその取扱いを就業規則で規定し、明確にしておく必要があります。この機会に規定の確認を行い、必要に応じて整備を行いましょう。

■参考リンク
厚生労働省「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/18/index.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




2019年4月から基準が変更される医師の面接指導2018/11/06
電子メール等の利用も可能となる労働条件の明示2018/10/30
雇用継続給付の申請において被保険者の署名が省略できることとなりました2018/10/23
厳格化された協会けんぽの被扶養者認定の事務手続き2018/10/16
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2018/10/09
2019年4月より新しい様式となる36協定届2018/10/02
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は過去10年で最高の446億円2018/09/25
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2018/09/18
7割で労働基準関係法令違反がみられた労働基準監督署の監督指導2018/09/11
慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント2018/09/04
半数程度に留まるマタハラ防止対策実施企業2018/08/28
働き方改革関連法の成立により重要性が高まる産業医の役割2018/08/21
天災地変により従業員を休業させる場合の休業手当の取扱い2018/08/14
働き方改革関連法の成立により予想される監督指導の強化と労働基準監督官の役割2018/08/07
外国人労働者が出国時に受け取ることのできる公的年金の脱退一時金2018/07/31
 
お問合せ
 和田労務管理事務所
 〒263-0024
 千葉県千葉市稲毛区穴川
2-13-17 
 TEL:043-239-6370
 FAX:043-239-9195
 
 営業時間 月曜日から金曜日
8:30から17:30まで
 
  
 
 
  
SRPマーク
和田労務管理事務所は
SRPU認証事務所です。
(SRPU認証制度についてはコチラ

こちらの可愛い素材を
お借りしています。



無料イラストわんパグ